髪の成長を妨げる要因とは?

男性型脱毛症に深く関わっているのが男性ホルモンの影響です。

脱毛を悪化させる因子を取り除き、髪の毛が育ちやすくなる様に
環境を整える事が大切です。

毛母細胞や毛乳細胞が活動するには、多くの栄養が必要となります。
血行が悪くなると充分な栄養が送られなくなり、髪の毛の成長は滞ります。

皮脂の分泌が多い脂性の人は、皮脂やフケ、ほこり等が毛穴をふさぎ
常在菌に感染しやすくなります。

◆養毛・育毛・発毛の違いとは?

発毛剤・育毛剤といっても、メーカーによっては発毛促進剤、養毛剤
育毛剤という呼び方をしています。

一般的に発毛促進とは、毛髪が抜け落ちた後、新しい毛髪が生える様に
毛母細胞の働きを活発にさせる事です。

養毛は、毛髪を保護し、脱毛を防止する事で、育毛は
毛髪の成長を促すという意味合いなのです。

育毛と養毛は現存する毛髪に与える影響を表現し、発毛促進は
新しい毛髪の誕生に影響を及ぼします。

薬事法は安全性に基準がおかれ、商品の効能の範囲内であれば
どのように称してもいいのです。

傾向として、養毛剤⇒育毛剤⇒発毛促進剤の順序で成分が強化され
値段も高くなって行きます。

自分の体質、進行度を考慮した養毛剤・育毛剤・発毛剤選びが
大切になってきます。

大手メーカーは知名度と宣伝で売る事ができますが、
小メーカーは、効果で勝負しています。

厚生省が認可したもので、本当に中身が濃く、信頼できるものを
使わないと生き残れません。

お客様が損をするだけではなく、期待を裏切り悲しい思いをして、
最悪のケースでは使い方を誤って、逆に抜け毛が増加してしまう事もあります。

頭皮が赤く、炎症を起こしている時、脂漏性湿疹等の頭皮にトラブルがある時には、
養毛剤・育毛剤・発毛剤に入っているアルコールが刺激になり、
逆に害になってしまいます。

頭皮の炎症や赤みが消えてから使うというのが正しい判断になります。

男性ホルモンはハゲになる原因になりますが、その分泌量が
過剰だからといってハゲるわけではありません。

もうひとつ別の要因(X)がこの中間にあり、このX要因がなければ
男性ホルモンが過剰でもハゲないのです。

男性ホルモン過剰とX要因が結びついてはじめてハゲますので、
この二つの要素を持った人がハゲ体質という事になります。

posted by プルハチ at 00:00 | TrackBack(0) | 髪の成長を妨げる要因とは?
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。